昨年の漢字一文字、そして今年の抱負。

新しい年が始まりました。

仕事始めに際して、新年を祝うご挨拶をさせていただこうと思っておりましたが、元旦から能登半島地震をはじめ、信じがたい大変な出来事が立て続けに起こっております…。

被災された方々、被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

胸が痛み、歯がゆい思いも抱いておりますが、今は、自分にできることや、やらなければいけないことを、今まで通りコツコツやっていこうと思う次第です。

2024年もどうぞよろしくお願いします。

***

昨年2023年を漢字一文字で表すとしたら、『光』。

光栄の『光』です。

昨年は、私が書いた記事やコラム、その他関わった仕事について、いろんな方から注目をしていただけたり、お褒めの言葉をいただくことができました。本当に、身に余るほど、とても光栄でした。

中でも一番嬉しかったのは、東京の中学生さんたちが、過去に私が書いた記事を文化祭で取り上げてくれたことです。しかも、文化祭で最優秀賞を受賞されたと連絡をいただきました。

<そのことを記録した日記>

また、おもしろブロガーのかめぴょんにも、私がSNSに上げた文章を大々的に取り上げていただきました。

<私のことを取り上げてくれたブログ記事>

かめぴょんは、私が今まで出会った中で、一番面白い、笑える文章を書く人です。怪物レベルです。

文章を読んでいるというよりは、漫才や漫談を楽しんでいるような気分になるのです。文章のエンターティナーです。

そんなすごいブロガーさんに褒めてもらえて…これもめちゃくちゃ嬉しかったです。

独立して13年。がんばってきて良かった…とたくさん感じさせてもらえた一年でした。

みなさんにとってはどんな漢字が当てはまる一年だったでしょうか?

***

さて、ここからは2024年の抱負を。

今年は、新しいことにもたくさん挑戦し、学びを深めていこうと思っています。

私は今年で44歳。人生80年としたら、折り返し地点をとうに過ぎています。もし企業に勤めていれば「中堅」「古株」「ベテラン」として、部下や後輩の指導や世話にあたっている年齢でしょう。

しかし、これからは、私は自分より若い世代の方々から学ぶことの方が圧倒的に多いと感じています。

また、自分とは違う世界や業界にいる方からも、学ばなければいけないことがたくさんあります。

変化の激しい今の時代。今までのキャリアに甘えて現状維持で留まっていては、どんどん時代の流れに取り残されていきます。

人生に「奥深さ」よりも「幅広さ」を。

そして「幅広さ」を「奥深さ」に。

というわけで、いろんな方と触れ合い、コミュニケーションしながら学べる場を、自分でも作っていこうと思い、企画することにしました。

その一つが、今月26日に開催する『画像生成AIについて学びを深める座談会』(vol.1)です。

イベントの主催をするなんて本当に久しぶり…。1回で終わらず、2回、3回と継続していきたいです。(参加者、まだ若干名余裕ありますので、ご興味ある方は上記リンク先からお申し込みどうぞ!)

もちろん今まで通り、人間関係やコミュニケーション改善にまつわる記事やコラムの執筆も続けていきます。(執筆ご依頼はお問い合わせからお願いします。)

改めまして、今後もどうぞよろしくお願いします。

関連記事

  1. あけましておめでとうございます!

  2. 『映画 キングダム』感想

  3. ここ最近のわたしのこと(夫がコロナになったり指が動かなくなっ…

  4. クリスマスツリー

  5. 2019年にリリースした記事ベスト5

  6. 娘の保育園、第一希望に無事決まりました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)