大人気占い師の富士川碧砂先生にオーラ透視してもらいました

先日、鑑定一年待ちの人気占い師・富士川碧砂先生が大阪に来られて、人数限定で鑑定をされるとのことで、行ってきました。

富士川先生とは、数年前に富士川先生の出版パーティに参加させて頂いたのがきっかけで知り合い、何度か取材記事を書かせて頂いています。

今回、念願の、初の、富士川先生の鑑定です!!

オーラ透視、ホロスコープ、タロットと、盛りだくさんの内容で見ていただきました。

いろんなことを言い当てられてビックリ!

未来のこともいろいろ指針となることを教えていただけて、かなり勇気と希望をいただきました。

どんな鑑定結果だったのか?内容を簡単にお伝えしたいと思います。

*オーラ透視*

まずはオーラ透視からスタートです。

※オーラ透視・・・霊視とは異なり、その人の『潜在意識の状態』を透視するもの。潜在意識は、人の『無意識』領域。私たちが普段意識をすることができない意識のこと。幼い子どもの頃から積み重ねられてきたもので、その人の考え方や習慣をほぼ支配している。思い込みが作られている場所でもある。オーラ透視をすると、その人の現在の状況、トラウマや過去の強い記憶、願望などが、ビジョンとして視える。

鑑定の仕方は、富士川先生の正面に立ちます。

その後、指示に従って横を向いたり、後ろを向きます。

正面は「現在」、横は「未来」、後ろは「過去」を顕すそうです。

<私の現在の状況>

1.仕事について

私の現在のオーラから視えてきたものは、「小さな台に乗っている」というものでした。

今はあまり大きな変化を自分からは望んでいないように視えるそうです。

一方で、腕はとてもよく動く強い腕を持っているとのこと。

人から与えられた仕事はすごくがんばるけれど、自分から仕事を追っていくアグレッシブなタイプではないでしょう、とのこと。

・・・はい、丸あたりです。独身時代はめちゃくちゃ野心というか仕事欲がありましたが、結婚して特に子どもができてからはそういう意欲はあまりなく、ただ求められると嬉しいので、来た仕事は全力で対応しています。

2.母親と父親について

人物では、母親の姿が視えて、影響も大きいと思えたとのことです。

どういう風に視えたかというと、「監視しているようなイメージ」だったそうです。

一方、父親は、私に対して監視や執着はしておらず、どちらかというと「一人の女性(人間)として好き」と思って見守ってくれているように視えたそうです。

・・・これもズバリ当たっています。私の母は、連絡はそんなに頻繁にしてきませんが、スマホでほぼ毎日私のブログや記事を細かくチェックしています。ストーカー気質です。

日常生活でも、振り返ってみると母親から言われた言葉に影響されて判断していることは多いかもしれません。

そんなに密着している母娘関係ではないと思っていたんですが、やはり影響は大きいんですね。

父親はすでに他界していますが、おっしゃる通りの人でした。私が何しようが基本的にあんまり口出ししなかったです。母親に対してはすごく口うるさかったですが、子どもに(特に手がかからない末娘の私に)対しては超・放任主義。

3.家族について

夫と息子に関して、夫は私とは価値観が全然違うイメージで、夫婦としては全く別の方向を向いているように視えたそうです。また、お互いにそれによって多少の制約が生まれているようにも視えた、とのこと。

そして、夫がだんだんと私の父親と同化していくような感じにも視えたとのことでした。

息子は、ママ大好きというイメージ。ただ単純に大好きという感じで、私の足を引っ張っているとか、負担になっているという感じはないそうです。「何も問題のない、とてもいい親子関係」だとおっしゃっていただきました。

・・・夫に関しては、これもまさしくその通りだなあと思います。夫は私より8つ年上なのもあり、子どもが生まれてからは特に私の中では夫というよりは父親という感覚です。でも夫が父のような性格になるのだけは勘弁してもらいたいです。笑

子どもに関しては、いい関係だと言って頂いてすごく嬉しかったです。この関係をキープし続けられるといいな。

<私の未来>

未来は、仕事で私の実力を認めてくれる人との出会いがあり、それがきっかけで飛躍していくでしょうとのことでした。年上の方と縁があるそうです。

・・・ワクワク!

<私の過去>

視えたイメージとして、「娘扱い」をされているというのが強かったとのことでした。これは現在にも繋がるらしいですが、大人の独立した一人の女性というよりは、娘のような存在に視えるそうです。

・・・私、今年で40歳なんですが。。。「娘」って。少し恥ずかしい。

実際、末娘でかなりのんびり育てられましたし、夫にも「精神的に幼すぎ」と揶揄されることも多々あるので、その通りかもしれません。小1の息子相手にムキになってケンカしてしまうこともしばしばあります。(やめとけー)

*ホロスコープ*

次はホロスコープです。

※ホロスコープ…その人が生まれたときに天体がどこに位置していたかを示した星図のこと。天体以外に星座やハウス、アスペクト(座相)といったものからその人の資質や人生の傾向を占う。

ホロスコープに関しては、息子と夫の分まで視ていただきました!甘えすぎ!!

私のことを中心に鑑定結果をお伝えします。

<私>

家族と、家庭の安定や基盤をとても大切にする星。愛する人たちと一緒にいたいという思いが何よりで、仕事や夢をガツガツ追いかけるタイプではない。

恋愛運はあまり良くないが結婚運は良い。

仕事はフリーで活動するが、何か一つを極めるというよりはマルチに活動する。また、認められ方も一定ではない。月のように変わる。

外国の仕事に縁があるので、もし今後、外国関連の仕事が来たら断らないほうがいい。

仕事は、家庭的なこと、大衆的なことが合っている。

2025年ぐらいから仕事運が上昇。2022年ぐらいに準備に入るといいとのことでした。

・・・外国関連に縁があるとは意外でした。私、日本語以外話せないけど大丈夫かな。今から語学の勉強したほうがいいだろうか。

<息子&夫>

息子は慎重な性格で、コツコツと努力を重ねるのが合っているそうです。

起業家やミュージシャンなどではなく、組織の中で活躍するタイプ。

とても偉い地位に就きそうとおっしゃっていただけました。

コミュニケーションはあまり上手なタイプじゃないそうです。

中学受験の年は、運気は微妙。プレッシャーがかかりやすい年だそうです。高校受験の時は、良い運気。高みを目指せるでしょうとのことした。

夫は、軽やか、自由人、明るく派手な星。そして大雑把。

そんな性格ですが、私とは相性がよく、家庭をとても大事にするし、裏切りなどはないでしょうとのことでした。

私が夫に接する際の注意点としては「口うるさく言わない」「攻撃的にならない」とのことした。

・・・そう、夫は本来は自由人なんです。束縛を嫌がります。「なんて自分勝手なんだろう!」そんな風に思って憤慨したこともなんどもありました。そんな夫がとても家庭的で理想的な夫になってくれたのは、ひとえに息子のおかげだと思っています。「子はかすがい」ですね。

*タロットカード*

最後、時間が余ったのでタロットカードもやってもらいました。

私が今とても不安に感じていることを占ってもらったのですが、出たカードの結果がどれも良く、「何も心配されることないですよ」とおっしゃっていただきました。

ホッとして、勇気付けられました。

***

富士川先生が大阪に来られることは滅多にありません。次の大阪鑑定も未定だそうです。(これが最初で最後かもしれないともおっしゃっていました。)

今回、富士川先生の鑑定を受けることができて、本当にラッキーでした。

富士川先生、改めてありがとうございました!

富士川先生の新刊はコチラ!

関連記事

  1. あけましておめでとうございます!

  2. 赤ちゃんと会話をするということ

  3. 休校期間、延長。

  4. 『映画 キングダム』感想

  5. 2019年にリリースした記事ベスト5

  6. 39歳で妊娠、そして40歳で出産を迎えます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)