ほめ上手な親はココが違う!子どもにしている「5つのほめ方」

あなたは普段から子どもをよくほめていますか?

親が子どもに期待や理想を高く持ちすぎていたり、完璧主義な場合、子どもをほめることが少なくなってしまうようです。

子どもをほめることが少ないとどうなるか?

子どもは自分に自信を持てなくなり、他人とのコミュニケーションにも支障をきたします。

私は、以前、自己啓発資材販売会社でカウンセリング部門に所属し、お客様の悩み相談係をしていました。

その際、

「小さい頃から親に叱られてばかりだった」

「親からほめられたことがなく、自分に自信が持てない」

という方がたくさんいました。

実際は、親からほめられたことが一つもない子なんて、そうそういないと思うんですが、記憶としては、叱られたり怒られたりけなされたりされたことの方が、ずっとずっと印象に残るんですね。

子育てをしていると、叱る場面や怒る場面もたくさんあるかと思いますが、それ以上にほめるようにすることって、やはりとても大切です。

とはいえ、

「子どもをほめるのって難しい」

「どうやってほめたら効果的なのかイマイチわからない」

と感じる方も少なくないかと思います。

ほめ上手な親は、普段どんな言葉を我が子にかけているのでしょうか?

子どものほめ方について書きました。

【子育て】ほめ上手な親はココが違う!子どもにしている「5つのほめ方」(ウレぴあ総研ハピママ )

叱る、怒るは簡単にできますが、ほめることは子どもをよく見つめていないとできません。

良い結果が出たときだけほめる、なんてことのないようにしたいですね。

上記リンク先、ご一読いただけると嬉しいです。

関連記事

  1. 年末年始に向けてオススメしたい「開運行動」

  2. 夫と子どものしつけや教育の意見が合わない…隠されているメリッ…

  3. 夫が死んでから知った裏切り…。そのとき妻はどうする?

  4. 将来に大きな差が!「子どもと良い関係性を築くママ」がしている…

  5. 絆が強い夫婦が持っている「家庭円満5つの力」とは?

  6. 子どもがじいじ・ばあばに懐かない理由と対策4つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)