鬼滅の刃、子どもが好きなキャラクターで分かること(※初期のネタバレ少しあります)


『鬼滅の刃』の人気がすごいですね〜。

我が家の小2の息子は、緊急事態宣言での学校休校中、Amazonプライムビデオで観てハマっていました。

私は最近、育児の合間に漫画で読みました。

物語に深みがあって、キャラクターが個性的で…。

私も大好きになりました。

大人が子どもと一緒にハマるのも納得です。

息子の一番好きなキャラクターは、我妻善逸だそうです。(善逸の着物の柄のマスクも買わされました…。)

皆さんのお子さんは、どのキャラクターが好きですか?

子どもがどのキャラクターを好きかで、分かることがあります。

それは、“ありたい心”。

子どもが「どうありたいと思っているか?」「どう生きたいと思っているか?」

というのが、分かるのです。

息子に善逸のどんなところが好きなの?と質問したところ、

「すぐ泣くし弱虫だけど、優しいし、いざとなったらすごいチカラを発揮するところ!本当は強いところ!」

という答えが返ってきました。

“すぐ泣くし弱虫だけど、優しい”というのは、今の息子のそのまんまの特徴。

“いざとなったらすごいチカラを発揮する”“本当は強い”というのは、息子の“こうありたい!”と思う姿なんでしょう。

ちなみに、物語の中で、主人公の炭治郎が言う「俺は長男だから我慢できた」という言葉。

鬼滅の話題でよく取り上げられている有名な言葉ですが、息子にとってもすごく印象深かったようです。

鬼滅の刃を見ている最中、息子が「なあ、俺って長男やんなあ?」と聞いてきたことがあって。

「そうだね、長男だね」と言うと、「そうかあ、長男かあ」とすごく嬉しそうにしていました。

息子は、自分より小さい子と接するといつも世話を焼きたがって、お兄ちゃんぶります。

また、小さい子には何をされても仕返ししたりしないし、優しく接しています。

そして、ずっと弟か妹が欲しいと願っていました。

炭治郎のこの言葉は、息子の憧れている、なりたいと思っている「お兄ちゃん像」にピッタリ当てはまる言葉で、自分のことを肯定してくれるように感じたんではないでしょうか。

このように、好きなキャラクターや好きな言葉で見えてくるものって結構あるので、子どもが好きなアニメや漫画があったら、

「そのキャラクターのどういうところが好きなの?」

「どういうところが魅力的?」

など質問して会話を重ねてみると、子どもの新たな一面が発見できるかもしれません。

ちなみに、“ありたい心”について教えてくれたのは、心理学者の植木理恵先生です。(明石家さんまさんの『ホンマでっか!?TV』などに出演されています。)

下記リンク先のインタビュー記事にて詳しく書いていますので、ご興味ある方が読んでみてください。

・『たったこれだけ!「将来の夢が叶う子」の親がしている、簡単な声かけ』(ウレぴあ総研『ハピママ』)

関連記事

  1. 緊急事態宣言、1日目。

  2. 大人気占い師の富士川碧砂先生にオーラ透視してもらいました

  3. コロナ、今が踏ん張り時。

  4. 小1の息子と参加した『一万人の第九』を終えて…

  5. 一万人の第九に参加します

  6. 『映画 キングダム』感想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)