『映画 キングダム』感想

『映画 キングダム』

中国の春秋戦国時代を描いた物語。

レンタルして観ました。

原作である漫画は未読です。

きっと原作の方が細部まで描かれてて密度が濃いんだろうな〜というのは、原作未読でも分かりました。

長編の漫画や小説の映画化は、どうしても映画がダイジェスト版みたいになってしまいますね。キングダムも、そんな感じがしました。

でも、それでも…とっても面白かった!

中国作の歴史モノの映画はワイヤーアクションがわざとらしくてあんまし好きじゃないんですが、キングダムのアクションはワイヤーアクションも含めてめちゃくちゃかっこよかった!!

小1の息子も夢中になって観てましたね。

役者さん、みんな個性的で演技も上手なんですが、
中でも大将軍・王騎役の大沢たかおさんが際立ってました。

出てくるだけで、何も話さなくてもただ者ではない雰囲気を出せるってスゴイ。大沢たかおさんスゴイ。

王騎・大沢たかおの凄さを、ぜひ観て実感してもらいたい。

原作の漫画も読んでみたいと思い、Amazonで大人買いをしてしまいました…。

明日届く予定です。楽しみです。

関連記事

  1. 大人気占い師の富士川碧砂先生にオーラ透視してもらいました

  2. 赤ちゃんと会話をするということ

  3. 無事産まれました!

  4. コロナ、今が踏ん張り時。

  5. 今年もよろしくお願いします。

  6. 小1の息子と参加した『一万人の第九』を終えて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)