一万人の第九に参加します

今年、『一万人の第九』に当選し、息子と出場させていただくことになりました。

※『一万人の第九』とは!?

…毎年12月の第一日曜日、大阪城ホールで行われる、1万人でベートーヴェンの交響曲第九番第四楽章『よろこびのうた』を合唱するコンサート。今年で37回目。指揮者&総監督は、国内外で活躍する佐渡裕さん。

私と息子のパートは、アルトです。

今年のコンサートは12月1日。

当選者は、全12回のレッスン&佐渡裕総監督レッスン、そして前日リハーサルに参加しなければいけません。

昨日、全12回のレッスンを無事終えました!

私たちのクラスを担当してくださったのは、声楽家で音楽の教師でもある有元正人先生です。

11回目の時に、息子と3人で写真を撮ってもらいました。

昨日の最後のレッスンでは、なんと最後に生歌を私たち生徒にプレゼントしてくれました。鳥肌〜!

Facebookで偶然、この一万人の第九コンサートのことを知り…。

「なんか、すごそう!私にとっても息子にとってもいい経験になりそう!」

と思って、思いつきで応募したら当選しちゃって…。

合唱なんて学校以外ではやったことないのに、無謀にもほどがある(汗)。

息子はレッスンの間、退屈そうにしているときもしばしば…。

ドイツ語難しいし、さらに歌うとなるともっと難しく、「息子にはまだ早かったかな…」と後悔がよぎることもあり…。

どうなることやらと思いましたが、どうにかこうにか、(一応)親子共々歌えるようになりました!

『交響曲第九番』の第四楽章、『よろこびのうた 』(歓喜の歌)は、一番有名なフレーズで、テレビCMとかにもよく使われています。

息子も年長の時のピアノ発表会で演奏しました。

とっても有名なクラシック音楽ですが、「どういう背景で作られたか?」「どんな思いが込められた曲か?」までは詳しく知らず、今回この『一万人の第九』に参加することで理解を深められました。

残すところは、あと佐渡裕総監督レッスン、前日リハ。そして本番。

今年のゲストの一人が山崎まさよしさんで、『セロリ』も合唱します。(練習もちゃんとしました。)

お笑い芸人の霜降り明星さんもゲスト出演されることが決まり、なんと粗品さんが朗読をされるそうです。

生のオーケストラとソリストたちの歌声も楽しみです。

「すべての人々は兄弟となる」…よろこびのうたに込められた大切なメッセージを胸に、コンサート当日は楽しんでいきたいと思います。

関連記事

  1. 大人気占い師の富士川碧砂先生にオーラ透視してもらいました

  2. 2019年にリリースした記事ベスト5

  3. 緊急事態宣言、1日目。

  4. あけましておめでとうございます!

  5. 39歳で妊娠、そして40歳で出産を迎えます。

  6. 休校期間、延長。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)