【子どもの甘え】どこまで受け止める?やりがちな“甘やかし”と成長する“甘えさせ”

「子どもの甘えはどんな風に、どこまで受け止めていいの?」

…そんな迷いをお持ちのママは少なくないようです。

特に、小学校入学以降は環境がガラリと変わり、子どもも体が大きくなり日々しっかりしてくるので、迷いが大きくなるのでしょう。

どんな子も親に甘えて成長しますが、「甘やかし」と「甘えさせ」は違います。

例えば、子どもに物を過剰に買い与えるのは、「甘やかし」。

そして、子どもの話を聞いたり、子どもの望むようにスキンシップを取るのは「甘えさせ」です。

「甘やかし」は、どちらかというと『親の都合』で行われるもので、「甘えさせ」は子どもが心から望んでいるもの。

親がやりがちな甘やかしの例と、おさえておきたい甘えさせのポイントについて書きました。

・『【子どもの甘え】どこまで受け止める?やりがちな“甘やかし”と成長する“甘えさせ”』(ウレぴあ総研「ハピママ 」サイトに飛びます。)

ご一読いただけると嬉しいです。

関連記事

  1. 年末年始に向けてオススメしたい「開運行動」

  2. 離婚歴は気にしない!むしろバツがあるこそからのメリットも!?…

  3. 絆が強い夫婦が持っている「家庭円満5つの力」とは?

  4. 夫と子どものしつけや教育の意見が合わない…隠されているメリッ…

  5. 夫が死んでから知った裏切り…。そのとき妻はどうする?

  6. 夫婦仲に大きな亀裂が入る「NGワード」この5つだけは言わない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)