大阪日日新聞コラム「この習慣で対人関係はうまくいく!」7回目掲載のお知らせ

11月25日号の週刊大阪日日新聞(無料版)にて、コラムが掲載されました。

今回は、『「この人には敵わない…」と思わせる心理テクニック』について書きました。

少し高度なテクニックですが、人の心を掴むのが上手な人たちは、本当によく使っています。

今回ご紹介した心理テクニックの『マインド・リーディング』、最近見た話題のアニメ『葬送のフリーレン』にも表現されているシーンがありました。

ー「葬送のフリーレン」あらすじー

かつて魔王を倒した勇者一行のメンバーであるエルフで魔法使いのフリーレン。

エルフは1000年以上歳を取らずに生きる、とても長生きな種族。

一方、一緒に旅した勇者ヒンメルは、人間。

かつての仲間のヒンメルはおじいさんになり、寿命で死んでしまいます。

ヒンメルの死を目の当たりにし、フリーレンの目には涙が…。

ヒンメルの死をきっかけに、人間のことをもっと深く知ろうと思ったフリーレンは、もう一度旅に出ることを決意します。

マインド・リーディングが表現されていたのは、第10話。

過去の回想シーン。勇者ヒンメルが優秀な魔法使いを求めて、フリーレンに初めて出会う場面です。

フリーレン「帰りなよ。まあまあの実力の魔法使いに用はないでしょ」

ヒンメル「いや、君は今まで僕が出会った中で一番強い魔法使いだ」

フリーレン「…なんでそう思うの?」

ヒンメル「…なんとなくだ(微笑む)」

コラムには文字数に限りがあるので書けませんでしたが、マインド・リーディングは、「どうやって分かったか」を相手に明確にしないで告げるのもポイントです。

ヒンメルも、フリーレンに「なんでそう思うの?」と問われてもはっきり答えず、「なんとなく」と言っていますね。

勇者ってやっぱり強いだけじゃなくて、「人たらし」の才能があるんだと思います。

「え?一体どういうこと??どういう技なの?」

と思った方、お手数ですが、小さい字で申し訳ございませんが、読んでいただけると嬉しいです!

<週刊大阪日新聞 11月25日号>

関連記事

  1. 大阪日日新聞でコラム(第3回目)が掲載されました

  2. 大阪日日新聞でコラム(第4回目)が掲載されました。

  3. 大阪日日新聞でコラム(第1回目)が掲載されました

  4. 大阪日日新聞コラム「この習慣で対人関係はうまくいく!」5回目…

  5. 大阪日日新聞コラム「この習慣で対人関係はうまくいく!」9回目…

  6. 大阪日日新聞コラム(第6回目)掲載&連載継続のお知…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)