子どもが不登校になったとき、親がやりがちな「しなくていいこと」と「本当にした方がいいこと」

子どもが不登校になると、親として、子どもの将来のために、一刻も早く解決したい気持ちから、『原因追求』をしてしまいたくなります。

・お友達とうまくやっていけないから?

・内気な性格だから?

・勉強についていけないから?

しかし、不登校の解決に親が必死になるほど子どもの将来を狭めてしまう…そんなことは少なくないようです。

子どもの不登校の不安に向き合う際、「しなくていいこと」や「した方がいいこと」、そして将来の可能性を広げる進路の話について、専門家にお話を伺いました。

お話をしてくださったのは、一般社団法人不登校支援センターの理事で公認心理師の桒原航大さんです。

・『子どもが不登校になったとき、親がやりがちな「しなくていいこと」と「本当にした方がいいこと」』(ウレぴあ総研ハピママ)

不登校の子に限らず、子どものゲーム依存を心配する親御さんは多いと思うのですが、ゲーム依存との向き合い方についても、新たな視点を持てるお話を聞かせてくれました。

大事なこと、たくさん詰まっています。

ぜひご一読ください。

関連記事

  1. 【子どもの甘え】どこまで受け止める?やりがちな“甘やかし”と…

  2. 年末年始に向けてオススメしたい「開運行動」

  3. 絆が強い夫婦が持っている「家庭円満5つの力」とは?

  4. 夫婦仲に大きな亀裂が入る「NGワード」この5つだけは言わない…

  5. ほめ上手な親はココが違う!子どもにしている「5つのほめ方」

  6. 児童養護施設で育ち、夢を叶えたサッカー選手。今の子どもたちに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)