子どもが不登校になったとき、親がやりがちな「しなくていいこと」と「本当にした方がいいこと」

子どもが不登校になると、親として、子どもの将来のために、一刻も早く解決したい気持ちから、『原因追求』をしてしまいたくなります。

・お友達とうまくやっていけないから?

・内気な性格だから?

・勉強についていけないから?

しかし、不登校の解決に親が必死になるほど子どもの将来を狭めてしまう…そんなことは少なくないようです。

子どもの不登校の不安に向き合う際、「しなくていいこと」や「した方がいいこと」、そして将来の可能性を広げる進路の話について、専門家にお話を伺いました。

お話をしてくださったのは、一般社団法人不登校支援センターの理事で公認心理師の桒原航大さんです。

・『子どもが不登校になったとき、親がやりがちな「しなくていいこと」と「本当にした方がいいこと」』(ウレぴあ総研ハピママ)

不登校の子に限らず、子どものゲーム依存を心配する親御さんは多いと思うのですが、ゲーム依存との向き合い方についても、新たな視点を持てるお話を聞かせてくれました。

大事なこと、たくさん詰まっています。

ぜひご一読ください。

関連記事

  1. 厄介な姑ストレス。軽くするために知っておきたいこと2つ

  2. 『ピーナッツ母娘』になってない?母娘の依存関係が恋愛や結婚に…

  3. 待機児童問題についての記事をウレぴあ総研(ハピママ )にて執…

  4. 夫と子どものしつけや教育の意見が合わない…隠されているメリッ…

  5. 【2021年占い】ラッキーカラーは?「家庭円満・健康運UPの…

  6. 離婚歴は気にしない!むしろバツがあるこそからのメリットも!?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)