母親の父性が強く、母性の足りない家庭で起こること

母親の父性がとても強く、両親ともに厳しいご家庭。

あるいは、母性が少なく弱いご家庭。

そういうご家庭の子どもは、家で親に甘えることができないため、外で母性を感じる人に出会ったら、母親代わりにして接してしまうことが多いようです。

それは例えば、学校の先生であったり、習い事の先生だったりします。

うちの姉はピアノの先生をやっているのですが、実際、厳格なお母さんの子どもは、お母さんの前ではとても良い子で、いざ姉(先生)と2人きりになるとガラリと変わり、すごく甘えんぼうになったり、とてもワガママな言動をとることがよくあるそうです。

お友達とのコミュニケーションに関して、優しさや配慮を欠くことが多く、トラブルに発展しやすいです。

また、母性が足りない環境で育った家庭の子どもは、成長して恋人ができたとき、『共依存的な関係』になりやすいという特徴もあります。

恋人との結びつきの中で、母子関係で得られなかったものを取り戻そうとするんですね。

「ありのままの自分を受け入れてほしい」「どんな自分も愛してほしい」…そういう強い想いが、恋人への無茶な要求を引き起こします。

うまくいけば本当に恋人との関係の中で、親子関係で得られなかったものを取り戻すことがあります。

ただ、そういう母子関係を模したような密着しすぎた関係性は、長くは続かないでしょう。

将来的に他人と健全な人間関係を築いていける人間になるには、父性と共に、母性もやはり必要です。

それも、強すぎない、適度な母性。

父性の持つ厳しさと共に、「何があってもウチの子」「ウチの子が理屈抜きに一番可愛い」という気持ちを親からたくさんもらうこと、わがままや理不尽を受け止められること、許されることの経験を経て、子どもの心は育っていくのだと思います。

関連記事

  1. 樹木希林さんにとっての内田裕也さんとは〜結婚・夫婦について考…

  2. きょうだいの配偶者が気に入らない…その現象が示すものとは?

  3. 親子の依存関係は結婚生活を破綻させる?

  4. 推し漫画と私(少年・青年漫画編)

  5. 小学生も『返報性の原理』に従って動くことを実感した話

  6. 現代を生きる女性が「子どもを産み、育てる」ということ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)