夫婦仲の良さが子どもに与える良い影響&仲良し夫婦の特徴

タイトル:『ずーっと「仲良し夫婦」が実践していること3選&子どもに与える良い影響』

夫婦仲が良いことは、子どもの成長にとっても良い影響があります。

どんな良い影響があるのでしょう?そして、「夫婦仲が悪い場合」はどんな悪影響が…?

夫婦仲の良さが子どもに与えるプラスの影響と、夫婦仲を良好に保つ秘訣をハピママ にてお伝えしています。

続きはコチラからどうぞ!(ウレぴあ総研『ハピママ』 サイトに飛びます。)

ちなみに…夫婦仲が良いというのは、「喧嘩が一切ない」というのとはまたちょっと違います。

喧嘩が一切なく、「どちらか一方が圧倒的に立場が強く、妻あるいは夫が我慢している状態(支配されている状態)」という家庭の方が危険です。

仲の良い夫婦は、喧嘩もしますが、お互いがお互いのことを尊重していて、相手の気持ちがプラスになるコミュニケーションを常に心がけています。

世間の離婚率の高さは、いかに男女が夫婦(家族)として共に生きていくのが難しいかを表してくれていますが、記事の中に書いてあるようなコミュニケーションを心がけていけば、仲良しで居られることは多くなるかと思います。

ご一読いただければ嬉しいです。

関連記事

  1. 厄介な姑ストレス。軽くするために知っておきたいこと2つ

  2. 「休校明け」親がやりがちなNGコミュニケーションとは?(Ya…

  3. 年末年始に向けてオススメしたい「開運行動」

  4. ほめ上手な親はココが違う!子どもにしている「5つのほめ方」

  5. “年の差きょうだい”メリットと育児ポイント

  6. 絆が強い夫婦が持っている「家庭円満5つの力」とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)