待機児童問題についての記事をウレぴあ総研(ハピママ )にて執筆しました

タイトル:『2019年「首都圏待機児童率」ワースト5は?待機児童の現状と解決への道』

子どもを預けたいのに、働きたいのに、保育園に入れない…。

待機児童の問題は、子育て世代にとって深刻です。国や自治体の取り組みで、待機児童は減っていきていると言われていますが、数としては増加している地域も少なくありません。

待機児童の問題が特に深刻なのが、首都圏です。首都圏に住んでいて、「今まさに待機児童を抱えている!」というママもいらっしゃるのではないでしょうか。

待機児童問題は今後、解消されていくのでしょうか?

待機児童の現状と、待機児童を解消するために民間企業が行なっている新しい取り組みについてご紹介します。

続きはコチラからどうぞ。(ウレぴあ総研『ハピママ』サイトに飛びます。)

関連記事

  1. 『ピーナッツ母娘』になってない?母娘の依存関係が恋愛や結婚に…

  2. 【子どもの甘え】どこまで受け止める?やりがちな“甘やかし”と…

  3. 「休校明け」親がやりがちなNGコミュニケーションとは?(Ya…

  4. 年末年始に向けてオススメしたい「開運行動」

  5. “年の差きょうだい”メリットと育児ポイント

  6. 夫と子どものしつけや教育の意見が合わない…隠されているメリッ…